ワンマンライブと対バンライブの違い

 

ワンマンライブとは?

お笑い芸人やアーティストなどは、ワンマンライブを開催するといった告知を行うことがよくあります。コマーシャルなどでも耳にすることの多い言葉なので、多くの人が特に気にすることもなくライブがあるんだと理解します。しかしワンマンライブという言葉の意味を正しく理解している人は、そう多くはないのではないでしょうか。ワンマンライブというのは一人や一グループだけが出演するライブという意味もありますが、それよりもずっと重要な意味を持っています。

それは、芸人にしろ音楽アーティストにしろ、自分や自分の所属するグループのファンを対象としてパフォーマンスを行うためのライブということです。ワンマンライブのワンマンは、自分一人という意味とともに、パフォーマンスを披露する対象であるお客さんもファンという範囲を限定して行われるという意味があるのです。このため、うっかりファン以外の人が興味本位で参加してしまうと、あまり面白く感じられなかったり疎外感を感じてしまうこともあります。

ファンを対象としているため、ファンクラブでの内輪の話題や通い詰めている人にしかわからないようなトークやパフォーマンスがメインとなっており、あまり詳しくない人が見てもよくわからないことが多いのです。これが歌手やバンドなどの場合は特にその傾向が強く、ライブに来てくれているのはほぼすべてが自分たちのファンということになるので、より砕けた雰囲気でのトークや個性を生かしたパフォーマンス、自分達の持ち歌ばかりを披露するということになります。

ファンにとっては大好きなアーティストや芸人だけを見ることができ、余計な出演者に興ざめしたり時間を持て余したりすることもないので非常に魅力的なライブだと言えます。開催側としても、その場にいるのはファンだけなので、より自分たちのやりたいことや話したいことを素直に表現することができます。いつか人気を得て、ワンマンでライブをすることを夢見ているアーティストの卵は大勢います。

対バンとは?

ライブの種類には、一般的によく耳にするワンマンライブとは別に、対バンライブというものも存在しています。ライブにあまり行かない人は聞きなれない言葉ですが、これは出演するアーティストやタレントが自身のファンを増やしたり、万人受けするパフォーマンスを行う場合に選ばれることの多いスタイルです。

そもそも対バンというのは、ライブハウスなどで1日に開催されるイベントのうち、複数の出演者が順番にステージに上がってパフォーマンスを披露する形式のものをいいます。共演するという言葉を言い換えたものだと考えると、分かりやすいでしょう。ひと口に対バンと言っても、1日に2組のアーティストだけが出演する場合はツーマンライブ、3組のアーティストだとスリーマンライブとも呼ばれています。このように複数のアーティストが共演する形を取るのは、やはり新規ファンを獲得するという目的が最も大きいでしょう。出演するアーティストそれぞれのファンが一つの会場に集結するため、他のアーティストのファンにも自分たちのパフォーマンスを見てもらうことができます。

これにより、それまで自分たちのパフォーマンスはおろか存在すら知らなかったような人たちにも効率よくアピールすることができ、うまくすれば自分たちのファンにもなってもらえる可能性があるのです。この他、イベントやライブ会場への集客数を全体的に伸ばすという目的もあります。余程人気のあるアーティストでもない限り、たった1組で出演しただけでは来てくれるファンの数は限られます。

この点、複数のアーティストが集まることで自然とそれぞれが持つファンが集まってくれるため、相対的な集客数を増やすことができます。こうすることで、1組ずつでは絶対に開催できないような大きなライブ会場や人気の会場でも、満員にしてパフォーマンスを行えるようになります。このような様々なメリットがあるため、自由度は下がりますが対バン形式を選ぶことも多いです。

ワンマンライブと対バンの違い

有名で人気の高いアーティストが行うのは基本的にワンマンライブなのですが、インディーズで人気もまだまだというアーティストがそれを真似するべきではありません。なぜならワンマンライブはやって来るお客さんがほぼ全てそのアーティストのファンであり、トークでも自分達やファンにしかわからないような内容の話をしたりします。

ワンマンならもちろんそれで構わないのですが、インディーズがライブを行う場合は集客力やファンの数があまり高くないため、複数のアーティストと共演する対バン形式をとることが多いです。ここで有名アーティストのように内輪に向けたトークをしてしまうと、その場にいる他のアーティストのファンや興味本位で来ただけのお客さんを白けさせてしまいます。対バンライブには、自分たちだけでなく他のアーティストを目当てにやって来た人も大勢います。このワンマンと対バンの違いを理解せずにパフォーマンスをしてしまうと、せっかく開催したライブが全く無意味になってしまいます。

大切なのは、他のアーティストを目当てに来ているお客さんにも疎外感を与えず、楽しんでもらえるような内容にすることです。共演スタイルのライブでも自分たちのファンにだけ向けたようなパフォーマンスを行ってしまうアーティストが多いのですが、それではいつまで経っても人気が高くはなりません。その場にいる全てのお客さんが楽しめるようなパフォーマンスができるアーティストほど、対バンの強みを活かして次々に新しいファンを獲得し、人気も高くなっていくのです。せっかく様々なタイプのお客さんが集まっているのですから、ファンだけではなく他の人も楽しませられるように、内容を工夫していくことが大切です。

2種類のライブ形式の違いは、誰をターゲットにするかという点と、どんな目的でライブを開催するかという点だと言えます。とにかくファンだけを集めて楽しく盛り上がりたい場合はワンマン、多くの人に自分を知ってもらいたい場合にはそれ以外を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket