自分だけの歌声を手に入れて、目指せ歌手デビュー

   2017/08/31

あなたの憧れの歌手は誰ですか?その人の声はどんな声ですか?可愛い声、ちょっとハスキーな声、パワフルな声…歌声は千差万別です。多くの著名な歌手は、みんなそれぞれ特徴のあるその人らしい歌声をもっています。きっと、そんな、その人にしかない歌声にあなたも憧れを抱いたのではないでしょうか。ちょっと聞いただけで、その人の歌だとわかる歌声、そんな歌声を持つことは歌手としてとても素晴らしいことです。

自分だけの歌声をどうやって手に入れるのか?

では、どうやってそのような自分だけの歌声を持つのか。それは自分が一番楽に歌える声の出し方を知ることです。

一番楽に歌える声の出し方で出した歌声はあなたのもって生まれた歌声です。それはつまり、誰の真似でもないあなただけの歌声といえます。自分が楽に歌えるようになると、年をとっても長く歌い続けることが出来ます。無理な声の出し方などをしていると、声が枯れてしまったりします。

それを続けることにより、声帯に傷をつけてしまう、なんてことにも成りかねません。そうしたら、歌を歌い続けることも難しくなってしまうかもしれません。そう考えても、自分が楽に歌えるような声の出し方を覚えることはとても大切なことです。これからの長い人生、できるだけ長く、沢山歌を歌っていたいと思いませんか?

まずは腹式呼吸が大事

楽に歌える声の出し方を覚えるためには、まずは腹式呼吸を覚えることからです。腹式呼吸で歌うことにより、楽に歌うことが可能になります。呼吸には腹式呼吸と胸式呼吸の2種類があります。胸式呼吸は文字のとおり胸で呼吸をすることです。

胸式呼吸の場合、息を吸ったときにお腹が引っ込み、息を吐くときにはお腹が膨らみます。腹式呼吸はお腹で呼吸をすることで、胸式呼吸とは逆に息を吸ったときにお腹が膨らみ、吐いたときにお腹が引っ込みます。お腹を意識しながら、深く息を吸って吐くことを繰り返して、腹式で呼吸することを練習しますどうしても腹式呼吸をすることが難しい場合は、仰向けに寝てみましょう。無意識に多くの人が仰向けになると腹式呼吸をしています。その仰向けになっているときの呼吸の感覚をまずは意識して、さらにその感覚を覚えます。そこから、立ったままでも腹式呼吸を出来るように練習しましょう。

次に発声練習

腹式呼吸を覚えたら、腹式で発声練習をします。どうしても胸式でしか発声が出来ない場合は、片足立ちで発声練習をしてみましょう。お腹に力が入りやすくなるので、腹式で声を出すことが何もしない状態より比較的簡単になります。

また、肩に力が入ったり、身体が緊張状態になると、呼吸が浅くなってしまいます。呼吸が浅くなると胸式呼吸になってしまうので、腕をぶらぶら振ったり、発声練習の前にストレッチなどをして、身体をリラックスさせてから声を出しましょう。身体を冷やすことも、身体を緊張させてしまうことに繋がるので、発声練習前や歌う前は身体を冷やさないように気をつけましょう。腹式呼吸で楽に出せる声こそ、あなたのもって生まれた声です。その声を是非手に入れてください。

喉ではなくお腹で歌う

高い音を出す際や出しづらい音域を出すときなどに、喉に力を入れてしまう人が多いですが、喉に力を入れて歌うことは喉に無理をさせていることになります。高い音を出しすぎて声が枯れてしまったというのは、喉に無理をさせているからです。高い音だけでなく、どの音を出すときもそうですが、出にくい音こそ喉に力を入れるというよりは喉を開くイメージで、お腹を使って声を出すことが大切です。

そうすることで、無理のない声でどんな音も歌えるようになります。どうしても力んでしまう場合には、先程も紹介した片足立ちを試してみましょう。腹式呼吸で声を出すことや、お腹で自分の歌声をコントロールすることは、最初腹筋が辛いかもしれませんが、毎日練習することで歌うための腹筋が鍛えられ、楽になっていきます。肺活量なども日々の発声練習でどんどん鍛えられていきます。鍛えられていけば、どんどん歌うことが楽になり楽しくなることでしょう。

逆に、練習の間隔が大きく空いてしまうと、折角鍛えた腹筋が衰えてしまったり、腹式呼吸で歌う感覚が薄れていったりしまうので、なるべく毎日一定時間、発声練習をすることが大切です。

まとめ

毎日発声練習といっても、間違った発声練習だと喉を傷めてしまうことになるので、腹式呼吸で行う正しい発声練習をしましょう。また、風邪をひいてしまった時や喉に痛みがあって声を出すのがつらいときは無理して発声練習をするのはやめてください。喉が荒れている状態で声を出すことは、余計に喉を荒れさせてしまうことにも成りかねないので、そういったときには無理せずに喉を休ませて回復に務めましょう。

自分の持って生まれた声と身体をフルに活かして、自分だけの歌声を手にいれる。そんな歌声はきっと、あなたにしかない素晴らしいものです。その為には日々の努力が大切です、夢にむかって日々発声練習に励みましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。